志望校別対策

【2020年度】九大(理系数学・文系数学)の大手予備校難易度評価を比較

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度九州大学の理系数学および文系数学について、大手予備校を参考に難易度評価をしたいと思います。(3大予備校のデータを参考にしています。)
各大問についての難易度評価や昨年比などから、今年の試験問題を考察します。
(自学しやすいように、試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

理系数学編

(理系数学)試験問題

2020年度九大理系数学
2020年度九大理系数学試験問題

(理系数学)難易度評価

(2020年度九大理系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 標準 標準 標準
大問2 やや難 標準
大問3 やや難 やや難 標準
大問4 標準 標準
大問5 標準 標準 標準
昨年比(※1) 変化なし 難化 易化

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

2020年度九大理系数学の評価は、大手各予備校で判断が分かれました。
昨年度と『変化なし』とした河合、明確に『難化』とした駿台、そして『易化』と評した代ゼミ。。

昨年までと比較して難易度は明らかに難化する方向に変化した。 解法の選択も容易ではない問題が多く、計算量も増加している。 基礎力はもちろんだが応用力も相当なレベルが要求される内容になったと言ってよい。 (駿台)

3大予備校全てで、判断がバラバラになりました。面白いですね!

各大問を見ていくと、【2】【3】が難しく、【4】が比較的解きやすかったと考えられます。ただし駿台は【4】の(3)は難しかったと評しています。

【4】(確率)は文系数学と共通問題。




文系数学編

(文系数学)試験問題

2020年度九大文系数学
2020年度九大文系数学試験問題

(文系数学)難易度評価

(2020年度九大文系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 標準 標準 標準
大問2 標準 標準 標準
大問3 標準 やや難 標準
大問4 標準 やや難 標準
昨年比(※1) 変化なし 難化 同程度

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

河合塾と代ゼミは(1.標準、2.標準、3.標準、4.標準)という難易度分析でした。
一方、駿台は3.やや難、4.やや難と分析しており、総合評価も昨年比で難化としました。

【4】(確率)は理系数学と共通問題。

まとめ

2020年度の九大理系数学は各予備校で評価が分かれました。
河合塾は前年並み、駿台は難化、代ゼミは易化と評しています。

一方、文系数学も河合塾と代ゼミは前年並み、駿台は難化と、足並みはそろいませんでした。