志望校別対策

【2020年度】名古屋大(理系数学・文系数学)の大手予備校難易度評価を比較

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度名古屋大学の理系数学および文系数学について、大手予備校を参考に難易度評価をしたいと思います。(3大予備校のデータを参考にしています。)
各大問についての難易度評価や昨年比などから、今年の試験問題を考察します。
(試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

理系数学編

(理系数学)試験問題

(2020年度)名古屋大理系数学
2020年度名古屋大理系数学試験問題1

(理系数学)難易度評価

(2020年度名古屋大理系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 標準 標準 標準
大問2 やや難 標準 標準
大問3 やや難 やや難
大問4 やや難 やや難
昨年比(※1) 変化なし 昨年並み 同程度

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

整数、微積、確率など名古屋大で頻出の分野からの出題。
今年は思考力を試す問題が中心だった。4題とも全て標準以上の問題。
【3】は抽象関数。
例年、計算力、思考力、論述力を試す問題が出題される。
文系との共通問題はなし。

河合の分析では2~4がやや難or難なのに、全体としては例年並みという分析。レベル高い!




文系数学編

(文系数学)試験問題

2020年度名古屋大文系数学
2020年度名古屋大文系数学試験問題1

(文系数学)難易度評価

(2020年度名古屋大文系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 やや難 標準 標準
大問2 やや難 やや難 やや難
大問3 やや難 やや難 やや難
昨年比(※1) 変化なし 昨年並み 同程度

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

微積、数列、ベクトルなどの名古屋大でよくでる単元からの出題。
レベルとしてはやや難の多い、難し目のセット。
今年は確率が出題されなかったのが珍しい。

理系との共通問題なし。

名古屋大文系数学は、文系としては難しいと言う評価。

まとめ

今年の名古屋大数学は理系文系ともに≪昨年並み≫の難易度であったとはいえ、全体としてレベルの高い問題が多かったという評価。
つまり、例年これぐらいの問題が名大では出題されると言うこと。
差が付きやすい問題が多い印象で、計算力、分析力、論述力など、高いレベルの数学力が必要だろう。