志望校別対策

【前期】神戸大農学部の合格最低点推移と考察(2008-2019)

神大農学部(前期日程)の合格最低点推移

神戸大農学部(前期日程)合格最低点(得点率)の推移をまとめました。
学科毎の最低点の比較、得点のバラつきなどから見えてくるものを検証します。
入りやすい学科or入りにくい学科があるか?についても考察します。

【前期日程】神大農学部)合格最低点の推移

神大農学部における6学科【①食糧環境システム学科・生産環境工学コース②食糧環境システム学科・生産環境経済学コース③資源生命科学科・応用植物学コース資源生命科学科・応用動物学コース⑤生命機能科学科・応用生命化学コース⑥生命機能科学科・環境生物学コース】の合格最低点推移を見ていきます。

合格最低点推移(2008から2019年度)

(表1)神大農学部前期日程(各学科)の合格最低点の推移(2008~2019年度)
年度 食糧(工) 食糧(経) 資源(植) 資源(動) 生命(化) 生命(生) 最低点
学科
2008 583.850 593.950 592.350 624.300 591.450 食糧(工)
2009 535.550 543.400 539.700 560.300 539.550 食糧(工)
2010 559.250 564.450 573.800 591.200 565.750 食糧(工)
2011 567.050 577.000 581.200 604.100 575.400 食糧(工)
2012 569.850 582.900 589.150 611.100 571.800 食糧(工)
2013 562.900 574.000 602.278 596.050 565.900 食糧(工)
2014 555.250 564.100 577.900 597.350 557.550 食糧(工)
2015 573.450 585.750 596.200 603.050 581.800 食糧(工)
2016 576.850 582.550 588.100 610.700 577.500 食糧(工)
2017 542.750 555.150 555.100 574.650 549.250 食糧(工)
2018 550.950 566.650 555.950 583.250 556.050 食糧(工)
2019 582.700 606.650 601.600 614.700 589.400 食糧(工)
平均点 563.4 577.6 579.4 597.6 568.2 食糧(工)
標準偏差 14.6 17.4 19.1 17.3 13.9

センター試験400点+個別学力試験450点(総合850点満点)
食糧環境システム学科・生産環境経済学コースは合格者数10名以下の為、神戸大学からデータが非公表となっています。
黄色で示した部分が神大農学部における合格最低点であった学科

学科ごとの最低点回数

(グラフ1)神大農学部前期日程(各学科)における最低点回数(2008~2019年度)

神大農学部前期日程_学科毎最低点回数(2008-2019)
(食糧環境システム学科・生産環境経済学コースはデータ不足により除く)




推移グラフ

(グラフ2)神大農学部前期日程(各学科)の合格最低得点率(%)の推移グラフ(2008~2019年度)

神大農学部(前期日程)における合格最低点の得点率換算(2008~2019年度)
(食糧環境システム学科・生産環境経済学コースはデータ不足により除く)

ザックリ分析

神大農学部の難易度序列は顕著で学部最低点は12期連続食糧環境システム学科・生産環境工学コースでした。
平均合格最低点も563.4点で最低です。
(食糧環境システム学科・生産環境経済学コースはデータ不足により除く)

統計的に最も入りやすい学科は?

食糧環境システム学科・生産環境工学コース

合格最低点から評価して、神大農学部前期日程で最も入りやすい学科は食糧環境システム学科・生産環境工学コースです。上記表を見れば特に分析する必要もないですが、根拠は以下のようになります。(食糧環境システム学科・生産環境経済学コースはデータ不足により除く)

根拠
  1. 2008年~2019年の、平均最低点が最も低かった。(563.4点)
  2. 2008年~2019年で、農学部最低点だった回数が最も多かった。(12回)
  3. 2008年から12年連続で農学部中最下位など、再現性があった。

神大は理学部、工学部でもそうでしたが、入りやすい学科が明確です。

統計的に最も入りにくい学科は?

生命機能科学科・応用生命化学コース

合格最低点から評価して、最も入りにくい学科は生命機能科学科・応用生命化学コースです。(食糧環境システム学科・生産環境経済学コースはデータ不足により除く)

根拠
  1. 2008年~2019年の、平均合格最低点が最も高かった。(597.6 点)
  2. 2008年~2019年の間、農学部最高点だった回数が、最も多かった。(12回)
  3. 2008年~2019年の間、農部中最低点だった回数が少なかった。(0回)

2008年から2019年に至るまで、農学部トップは常に生命機能科学科・応用生命化学コースでした。(12期連続)
平均合格最低点は他の学科のおよそ20~30点高く、圧倒的です。

難易度が高い理由は社会的需要が高く就職先も多い化学系だからでしょう。
今後もこの傾向は続くと思われます。