志望校別対策

【前期】神戸大工学部(前期日程)の合格最低点推移と考察(2007-2019)

神大工学部(前期日程)の合格最低点推移

神戸大工学部(前期日程)合格最低点(得点率)の推移をまとめました。
学科毎の最低点の比較、得点のバラつきなどから見えてくるものを検証します。
入りやすい学科or入りにくい学科があるか?についても考察します。

【前期日程】神大工学部)合格最低点の推移

神大工学部における6学科【建築学科、市民工学科、電気電子工学科、機械工学科、応用化学科、情報知能工学科】の合格最低点推移を見ます。

合格最低点推移(2007から2019年度)

(表1)神大工学部前期日程(各学科)の合格最低点の推移(2007~2019年度)
年度 建築 市民工 電気電子 機械工 応用化学 情報知能 最低点
学科
2007 566.675 520.933 523.525 540.900 544.575 500.450 情報知能
2008 546.850 511.633 544.900 549.550 554.475 524.750 市民工
2009 489.375 448.050 475.500 491.375 491.475 466.875 市民工
2010 505.200 465.816 505.700 500.100 508.550 483.025 市民工
2011 516.675 462.550 502.425 516.600 522.325 478.425 市民工
2012 534.675 498.183 525.525 519.700 531.200 515.175 市民工
2013 495.225 507.450 511.825 525.600 533.225 509.225 建築
2014 522.475 484.000 509.700 512.175 512.700 495.000 市民工
2015 538.550 502.016 517.375 523.075 524.300 510.175 市民工
2016 546.450 489.150 520.950 534.500 513.725 498.150 市民工
2017 524.900 475.066 467.916 510.025 500.525 484.075 市民工
2018 528.725 481.583 478.166 501.425 500.300 500.350 電気電子
2019 566.275 516.533 538.266 535.750 545.650 540.250 市民工
平均点 529.6 489.5 510.7 521.2 522.8 505.3 市民工
標準偏差 22.4 21.6 22.3 16.4 18.4 16.4

センター試験400点+個別学力試験400点(総合800点満点)
黄色で示した部分が神大工学部における合格最低点であった学科

学科ごとの最低点回数

(グラフ1)神大工学部前期日程(各学科)における最低点回数(2007~2019年度)
神大工学部前期日程_学科毎最低点回数(2007-2019)

2007年~2019年度における神大工学部前期日程の合格最低点は、多くが市民工学科でした。




推移グラフ

(グラフ2)神大工学部前期日程(各学科)の合格最低得点率(%)の推移グラフ(2007~2019年度)
神大工学部(前期日程)における合格最低点の得点率換算(2007~2019年度)

ザックリ分析

市民工学科合格最低点の低さが目立ちます。
平均最低点489.5点は工学部中最も低く、トップの応用化学科(522.8点)とは30点以上の差を開けられています。
2007年から13年間で合計10回が、工学部での最低点でした。

統計的に最も入りやすい学科は?

市民工学科

神大工学部前期日程で一番入りやすい学科は市民工学科です。
間違いありません。

根拠
  1. 2007年~2019年の、平均最低点が最も低かった。(489.5点)
  2. 2007年~2019年で、工学部最低点だった回数が最も多かった。(10回)
  3. 2008年から5年連続最下位の後、4年連続最下位など、合格最低点の低さに再現性があった。

神大は理学部もそうでしたが、工学部も入りやすい学科が明確です。

統計的に最も入りにくい学科は?

建築学科

最も入りにくい学科は建築学科です。

根拠
  1. 2007年~2019年の、平均合格最低点が工学部中最も高かった。(529.6点)
  2. 2007年~2019年の間、最低点が工学部で最も高かった回数が、最も多かった。(8回)
  3. 2007年~2019年の間、工部中最低点だった回数が少なかった。(1回)

建築学科は特に近年合格最低点が上がっており、2014年から6年連続で工学部中トップです。次点で応用化学科が高い傾向にあります。