志望校別対策

【後期】神戸大工学部(後期日程)の合格最低点推移と考察(2007-2019)

神大工学部(後期日程)の合格最低点推移

今回は神戸大工学部(後期日程)合格最低点(得点率)の推移を見ていきます。
学科毎の最低点の比較、得点のバラつきなどから見えてくるものを検証します。
入りやすい学科or入りにくい学科も評価します。

【後期日程】神大工学部)合格最低点の推移

後期日程における神大工学部における6学科【建築学科、市民工学科、電気電子工学科、機械工学科、応用化学科、情報知能工学科】の合格最低点推移を見ていきます。

合格最低点推移(2007から2019年度)

黄色で示した部分が神大工学部における合格最低点であった学科です。

(表1)神大工学部後期日程(各学科)の合格最低点の推移(2007~2019年度)
年度 建築 市民工 電気電子 機械工 応用化学 情報知能 最低点
学科
2007 564.166 578.900 536.183 602.973 568.516 531.600 情報知能
2008 578.650 567.666 576.650 606.143 562.100 550.733 情報知能
2009 600.150 496.083 560.183 583.690 610.016 552.430 市民工
2010 573.016 567.950 597.683 572.573 601.616 568.476 市民工
2011 602.466 558.266 567.750 548.233 609.883 539.163 情報知能
2012 620.400 624.400 644.133 631.250 666.200 622.480 建築
2013 619.150 568.450 622.583 628.883 643.183 602.656 市民工
2014 633.966 584.983 625.366 610.120 648.533 597.870 市民工
2015 609.983 570.833 588.750 571.983 621.666 566.296 情報知能
2016 608.250 572.833 567.466 581.840 596.183 570.556 電気電子
2017 568.600 519.916 561.633 553.030 578.316 550.333 市民工
2018 613.450 585.916 610.233 602.483 614.333 604.976 市民工
2019 592.033 531.083 562.816 566.160 581.400 583.283 市民工
平均点 595.2 563.6 583.1 589.0 603.8 582.3 市民工
標準偏差 24.2 31.2 31.4 24.8 32.6 19.2

総合800点満点(全学科)
建築、電気電子、応用化学は2007,2008年度はセンター配点425点、以降は600点
市民工は2007年度はセンター配点500点、以降は550点
機械工は2007年以降センター配点520点
情報知能は2007,2008年度はセンター配点425点、以降は550点

学科ごとの最低点回数

(グラフ1)神大工学部後期日程(各学科)における最低点回数(2007~2019年度)
神大工学部後期日程_学科毎最低点回数(2007-2019)




推移グラフ

(グラフ2)神大工学部後期日程(各学科)の合格最低得点率(%)の推移グラフ(2007~2019年度)
神大工学部(後期日程)における合格最低点の得点率換算(2007~2019年度)

ザックリ分析

平均合格最低点が最も低いのは市民工、最も高いのは応用化学です。
回数も同様で、学部最低点だった回数が最も多いのも市民工、最も多いのも応用化学(9回/全12回中)でした。
近年のセンター配点について、市民工は550点とやや低く、逆に応用化学は600点と高いのでという点には注意が必要。

統計的に最も入りやすい学科は?

市民工学科

神大後期において、最も入りやすい学科は市民工学科と評価します。
センター配点が550点と低いですが、それを差し引いても市民工と分析します。

根拠
  1. 2007年~2019年の、平均最低点が最も低かった。(563.6点)
  2. 2007年~2019年で、工学部最低点だった回数が最も多かった。(7回)
  3. 2017年から3期連続で学部最下位であり、再現性がある。

市民工は前期日程でも同じく工学部で最も入りやすいという評価になりました。

神大工学部(前期日程)の合格最低点推移
【前期】神戸大工学部(前期日程)の合格最低点推移と考察(2007-2019)神戸大工学部(前期日程)の合格最低点(得点率)の推移をまとめました。 学科毎の最低点の比較、得点のバラつきなどから見えてくるものを検証...

統計的に最も入りにくい学科は?

応用化学科

神大後期において、最も入りにくい学科は応用化学科と評価します。

根拠
  1. 2007年~2019年の、平均合格最低点が工学部中最も高かった。(603.8点)
  2. 2007年~2019年の間、最低点が工学部で最も高かった回数が、最も多かった。(9回)
  3. 2007年~2019年の間、工部中最低点だった回数が一回もなかった。

得点率としては70%程度が最低ラインで、年度によっては80%以上を必要とする場合もあり、ハイレベルな高得点での争いです。

ちなみに農学部前期日程と理学部前期日程でも、最も合格最低点が高かったのは化学系学科でした。(後期日程は合格最低点非公表のため不明)

まとめ

阪大や京大などでは割と合格最低点は毎年各学科でバラけるのですが、神戸大の場合は特定の学科常に入りやすいor入りにくいという傾向が毎年続きます。

神戸大後期日程も、市民工が入りやすく応用化学科が難しい傾向は今度も続くと思われます。
しかし個人的にはそろそろ情報知能工学科の難易度が増す可能性はあると思います。
(阪大や京大の情報系がここ数年そうであったように。)