早慶

【2020年度入試】慶應理工(数学)の大手予備校難易度評価を比較

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度慶應義塾大学理工学部の数学について、大手予備校を参考に難易度評価をしたいと思います。3大予備校のデータを参考にしています。各大問についての難易度評価と昨年比などから見えてくる今年の試験問題を考察したいと思います。
(試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

慶應理工数学

試験問題

(2020年度)慶應理工数学
2020年度慶應理工数学試験問題

難易度評価

(2020年度慶應理工数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 (1)標準
(2)やや易
(1)標準
(2)
やや易
大問2 標準 標準 やや難
大問3 標準 標準 標準
大問4 やや難 標準 標準
大問5 標準 標準 標準
昨年比(※1) やや易化 易化 同程度

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

2020年度慶應理工の数学は、昨年比でやや易化した模様。
昨年もそうだったが、計算量がそれほど多くないのでやや解きやすいとの評価。
ただし、それなりに手強い問題もあり、簡単なわけではない。
逆に言うと”差がつくセット”と言える。

今年は空間図形からの出題が無かった。




 

まとめ

慶應理工は昨年に引き続き、比較的取り組みやすい問題であったとの評価。
結構適度に計算量があって、適度に難しい問題が多く、受験生にはよい練習になりそうな良問ぞろい。
地方旧帝大受験生は慶應理工解いておくと良いかも。(受験するかもしれないし。)