早慶

【2020年入試】慶應医学(数学)の大手予備校難易度評価を比較

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度慶應義塾大学医学部の数学について、大手予備校を参考に難易度評価をしたいと思います。3大予備校のデータを参考にしています。各大問についての難易度評価と昨年比などから見えてくる今年の試験問題を考察したいと思います。
(試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

慶應医学部数学

試験問題

(2020年度)慶應医学部数学
2020年度慶應医学部数学試験問題

難易度評価

(2020年度慶應医学部数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 (1)やや易
(2)
(3)標準
(1)やや易
(2)
(3)やや易
やや易
大問2 標準 やや易 やや易
大問3 やや難 標準 標準
大問4 やや難 やや易 標準
昨年比(※1) やや易化 易化 同程度

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

2020年度慶應医学部の数学はおおむね昨年比で易化したようです。
特に【Ⅰ】の小問集合は慶應医学部にしてみれば手が付けやすかったと分析されています。
全体を通してみても、手が付けられない難問はなありませんでした。
駿台は今年に関しては「極めて易しい」と評価しています。
と同時に、ほどよく難しい”差がつくセット”だったとも評価されています。

大問Ⅳに関しては「やや難」とする河合と、「やや易」とする駿台で一部意見が割れています。




 

まとめ

慶應医学部は100分で大問4個を解かなければならず、時間的にはハードです。
難しい年は5割得点するのも難しい年もあるとか。
(慶應医学部を受かるような受験生ですら5割とれない難易度という意味)
ただし、近年は手が付けられないほど難しい問題はでない傾向にあるようです。