志望校別対策

【2020年度】阪大(理系数学・文系数学)の大手予備校難易度評価を比較(大幅易化!)

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度大阪大学の理系数学および文系数学について、大手予備校は難易度をどう評価したのか、3大予備校各社を比較しました。各大問についての難易度評価と昨年比などを分析しています。
(自学しやすいように、試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

理系数学編

(理系数学)試験問題

2020年度阪大理系数学
2020年度阪大理系数学試験問題

(理系数学)難易度評価

(2020年度阪大理系数学)予備校難易度評価の比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 やや易 やや易 標準
大問2 標準 標準 標準
大問3 標準 やや易 標準
大問4 標準 標準 標準
大問5 標準 標準 やや難
昨年比(※1) やや易化 易化 易化

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

3大予備校全て『易化』したと判断しました。

全大問のほとんどが『標準』か『やや易』でした。
(代ゼミのみ【5】を『やや難』とした。)

近年毎年のように出されていた、骨のある問題が消えました。
方針が立てやすく、計算量もそれほど多くない」標準問題が並んだと分析されています。




文系数学編

(文系数学)試験問題

2020年度阪大文系数学
2020年度阪大文系数学試験問題

(文系数学)難易度評価

(2020年度阪大文系数学)予備校難易度評価の比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 やや易 標準 やや易
大問2 標準 標準 標準
大問3 やや易 標準 標準
昨年比(※1) 易化 易化 易化

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

各予備校『易化』と判断しており、特に今年は文理共通問題が含まれず、全ての問題が解きやすかったとの分析。(特に代ゼミは「近年稀に見る易しさ」と評した。)

全問題が『やや易』もしくは『標準』でした。

昨年比に関して、河合塾は5段階評価で最も下の『易化』と位置付けました。

理系数学以上に易化しています。

まとめ

今年度の阪大数学は、理系・文系共に大幅に易化しました!

理系数学も大幅な易化でしたが、文系数学に関しては衝撃的なレベルの易化でした。
理系・文系共に、殆ど全ての問題が『やや易』または『標準』レベルの問題でした。

数学がかなり難化した東大京大とは、対照的でした!