志望校別対策

【2020年度】東大(理系数学・文系数学)の大手予備校難易度評価を比較(難化!)

(2020年度数学)難易度評価(予備校)

2020年度東京大学の理系数学および文系数学について、大手予備校は難易度をどう評価したのか、3大予備校各社を比較しました。各大問についての難易度評価と昨年比などを分析しています。
(自学しやすいように、試験問題→予備校難易度評価という構成にしています。)
(リンク:河合塾, 駿台, 代ゼミ)

理系数学編

(理系数学)試験問題

2020年度東大理系数学
2020年度東大理系数学試験問題

(理系数学)難易度評価

(2020年度東大理系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 標準 標準 標準
大問2 標準 標準 標準
大問3 標準 標準 やや易
大問4 やや難 やや難 やや難
大問5 やや難 標準 標準
大問6 やや難 やや難 やや難
昨年比(※1) やや難化 難化 難化

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

2020年度の東大理系数学は、3大予備校全て昨年比で『難化』したと判断しました。
河合塾の5段階評価を参考にすると、大幅な難化ではなく『やや難化』であったと判断されます。
2017年以降、やや易化傾向だったが、今年は難化し、従来通りのレベルに戻ったと分析されています。(代ゼミ)

しかし、全大問のほとんどが『標準』もしくは『やや難』で、簡単な問題極端に難しい問題がなく、例年に比べて厳しいセットであったとも考えられます。

【4】(数列)は文系数学との共通問題でした。




文系数学編

(文系数学)試験問題

2020年度東大文系数学
2020年度東大文系数学試験問題

(文系数学)難易度評価

(2020年度東大文系数学)難易度評価の予備校間比較
大問 河合塾 駿台 代ゼミ
大問1 標準 標準 標準
大問2 やや難 やや難 やや難
大問3 標準 標準 標準
大問4
昨年比(※1) 難化 難化 難化

(※1)河合塾:5段階評価, 駿台&代ゼミ:3段階評価

分析

3大予備校全て(1.標準、2.やや難、3.標準、4.)という難易度分析でした。

理系数学同様、昨年比で各予備校ともに『難化』と評しました。
河合塾の5段回評価を参考にすると、最も上の『難化』であり、大幅な難易度上昇であったと見て取れます。

【4】は理系との共通問題で、各予備校ともに『』と評価するなど、文系としては非常に高度な問題であったと分析されています。

実質的には第1問と第3問の出来で決まりそうな,問題間の難易差がはっきりしたセットである。(駿台)

今年の東大は、理系・文系共に難化でした。

まとめ

今年度の東大数学は、理系・文系共に難化しました!
特に文系数学が大きく難化したようです。
京大とともに、センター試験最後の年を難化で締めくくりました。