伝統・現代的教育

家庭教師のトライって実際どうなの?料金は?講師の質は?

日本最大の家庭教師斡旋会社である家庭教師のトライ。
その知名度は日本で断トツのNo.1であり他を圧倒しています。
また日本で唯一全国展開している家庭教師斡旋会社でもあります。
しかしその知名度の高さの一方で、色々な評判が聞こえてきます。
果たしてその実態は!?
家庭教師のトライについて、私の経験を踏まえてお話ししたいと思います。

家庭教師のトライと私の関係

まず初めに私と家庭教師のトライの関係から説明したいと思います。
私が初めて講師登録した斡旋会社が家庭教師のトライでした。

大学に入ったら家庭教師をやりたいと思っていたので、講師として採用されてかなり嬉しかったのを覚えています。

2年間ほど教師として働いていました。
最初は中2男子で、職業訓練の方も1日だけ教えたことがります。

トライの料金体系でおかしいと思ったこと

事例1(公立中学校2年生, 週2回(1回90分)英語・数学)
¥43,000

まず、トライはどう考えても料金が高いと思います

例えば自分が大学1回生の頃担当させて頂いていた、とある公立中学2年生の男の子の場合、週2コマ(1回90分)の授業で、ご家庭は

授業料 + 管理費 = 合計4万3千円

でした。
(交通費はゼロです。)

一方、家庭教師である自分が受け取っていた金額は1万8千円ほど(半分以下)。
この生徒は家庭教師をやり始めて最初にもった生徒です。

家庭教師初心者の私を派遣し、正規の料金をご家庭には請求しておいて、家庭教師には初心者レベルの給料しか払わない。。
講師の給料が低いのは良いとして、ならご家庭にはもっと安く提供しろよ・・と思いますね。

なおかつこの料金に加え、教材費もかかります。
(教材の購入は必須では有りませんが、
トライの優秀な営業にうまく購入させられる事例が後を絶ちません。)

トライで遭遇した様々なトラブル

料金のダブルスタンダード

トライは講師のランクを割と細かく振り分けます。
家庭教師経験の有無や経験年数に応じて経験者A、経験者B、経験者Cなどにクラス分けをしています
(少なくとも当時は)。

またプロ講師などもプロの中でランク分けされています。
問題はご家庭には経験者Bとしての講師料金を支払わせているにもかかわらず、
講師には経験者Aの料金しか支払わないことが往々にしてあることです。

先ほどの中学2年生の生徒の場合、僕は完全な素人家庭教師であったにも関わらず
トライは経験者講師としてご家庭に紹介し、なおかつ自分には未経験講師と同じだけの給料しか支払いませんでした。

ご家庭には経験者としての料金を支払わせ、講師には未経験者としての給料を支払う。
料金に関して、そういうダブルスタンダードな側面を持っていました。

今は知りません。

担当外の科目

また担当外の教科を担当させたりします。
ビックリしたのが職業訓練校の方の指導ですとだけ言われて、実際に行ったら電気に関する内容の指導を希望されていました。

給料未払い

給料の振り込みが異常に遅い時がありました。
わざわざ事務所まで出向いて給料が支払われていないことを相談してやっと支払われました。
ネットでそういう評判は聞いていましたが本当だとは思いませんでした。事実です。

トライの悪い点

講師の質が良いわけではない

基本的に家庭教師斡旋会社の質なんてトライだろうが
あすなろだろうが基本的にはどこも変わりません。

僕もそうでしたが家庭教師をやりたい学生はとりあえず色々な会社に登録するので、
どこの会社に申し込もうとやってくる講師の質はだいたい同じなのです。

僕は一時期4社の家庭教師斡旋会社を掛け持ちしていました。
またどこの斡旋会社もそうですが、家庭教師の教育などは一切しません。

これは例外がありません。なのでトライだからとか学研だからとかは、一切関係ありません。

なので別にどこの家庭教師斡旋会社でも、講師の質はだいたい同じなのです。
しかし、トライはCMをやっていたりする分、料金が高いです。

営業が面倒くさい

また営業の面倒くささも相当です。とにかくコマ数を増やそうとさせられます。

講師が定着しない

トライはとにかく講師の給料を低く抑えようとします。
そのためトライで長く働きたいという講師はほぼいません。

まともな講師ならもっと給料を支払ってくれるところで働こうと思います。
自分も2年ぐらい働いた後は他に完全に移りました。

トライの良い点

トライの唯一良い所は講師の登録数が多いことです。
実はこれは結構でかいメリットです。

家庭教師というのは、基本的に大学1・2年の社会経験のない未熟者です。(笑)
常識のない教師や、学力が怪しい教師というのは、ごまんといます。
『こんなやつが家庭教師か~』と思ったとき、すぐに変更できるのがトライの良い所です。

加えて、家庭教師と生徒というのは、結構合う合わないの問題が出てきてしまいます。
それはもう人間同士の相性の問題でもあるので、しょうがないと思います。
そういう場合に、トライならすぐに変更できます。

トライの料金体系はかなり割高だと思いますが、メリットもないことはないです。

総括

トライは料金についてはCMなどを行っている分非常に割高で、なおかつ講師の質も特に良いわけではない。
また営業が面倒なので、親は余計な負担を感じる可能性あり。
講師は大学1・2回生の初心者ばかりなので、真剣に成績を伸ばしたい人にはやはり向かない。
唯一、講師登録数は他より群を抜いているので、講師変更などには柔軟に対応してもらえるところは強力なメリット。

ネットでの評判、料金、担当者の誠意、家庭教師をたのむ目的、など総合的に考えて斡旋会社は選びましょう。
実際、結構難しいと思いますが・・