医学科

【2019年度】学費の安い・高い私立大学医学部医学科ランキングTOP10

昨今の社会情勢などから、医学部医学科は大変人気がありぜひともお子さんを医学部に進学させたいと考える親御さんは多いと思います。
またそのような状況の為、国公立大学のみならず私立大学の医学部も、相当に難易度が高くなって生きています。
しかし、私立大の医学部は学費が非常に高額であることに気をつけなければなりません。

学費の安い私立大学医学部医学科ランキングTOP10

順位 大学名 6年間総額
1 国際医療福祉大 1850万円
2 順天堂大 2080万円
3 慶應義塾大 2198万円
4 日本医科大 2200万円
4 昭和大 2200万円
6 東京慈恵会医科大 2250万円
7 自治医科大(※1) 2260万円
8 東邦大 2580万円
9 関西医科大 2770万円
10 東京医科大 2940万円

(※1)条件により学費全額免除




『学費の安い私立大学医学部ランキング』のトップは『国際医療福祉大』の6年間1850万円です。
国公立第一志望の受験生などにはあまり知られていない大学です。

次に安いのが順天堂大学で、次に慶應義塾大東京慈恵会医科大日本医科大などの高偏差値の大学がきます。私私立医トップの慶應や、No.2の東京慈恵会医科大など、高い学力を要求される大学ほど、学費が比較的安い傾向にあります。

私立医については、最も安い大学でも、6年間で数千万円の学費が必要であり、私立大の医学部医学科は学費がかなり高額であることがわかります。

国立大学医学部医学科の場合、学費は他の学部学科と同じであるため、6年間総額350万円程度です。公立大学もそれに準じる額です。
一般的な私立大医学部の約1/10です。

学費免除・減額の私立大学医医

自治医科大

自治医科大学は大学が指定する僻地(医師の不足する過疎地域)に9年間勤務すれば学費全額免除になります。

産業医科大

通常は、6年間の学費が3049万円ですが、9年間産業医として働いた場合に限り、学費が1129万6800万円まで減額されます。

以前は全額免除でした。

また奨学金制度もあり、①経済的に学費の支払いが困難 ②成績優秀 という2つの条件を満たした場合に限り、返済不要の学費支援制度があります。

学費の高い私立大学医学部医学科ランキングTOP10

順位 大学名 6年間総額
1 川崎医科大 4550万円
2 金沢医科大 3950万円
3 北里大 3890万円
4 福岡大 3760万円
5 帝京大 3749万6000円
6 兵庫医科大 3700万円
6 杏林大 3700万円
6 埼玉医科大 3700万円
9 獨協医科大 3660万円
10 久留米大 3620万円

学費が最も高いワースト1位は『川崎医科大』になりました。
6年間で4550万円ですので、確かに高額です。

よく私立大医学部には家が買えるほどの学費が必要と言われますが、かなり高級な家が買えるほど必要です。

川崎医科大埼玉医科大独協医科大福岡大金沢医科大など、学費が高い大学の傾向として、『偏差値が低い』という特徴があります。
(とは言え60近くありますが。)

川崎医科大:57
埼玉医科大:58
金沢医科大:59
福岡大:59
金沢医科大:59

慶應大:77 (比較例)

まとめ

私立大の医学部は費用が相当掛かります。
一番安い国際医療福祉大でさえ、6年間で2000万円近く必要です。
難易度が低い私立大医学部では、さらに学費が高い傾向にあり、川崎医科大では6年間で4550万円という恐ろしく高額な学費が必要です。

奨学金等うまく活用しながら、乗り切っていきたいところです。

参考資料

より詳しいデータは
『給付型』奨学金の参考資料