私立大

【奨学金】授業料『全額免除』がある私立大学一覧!文系理系【わかりやすく解説】

皆さん私立大学って高いと思っていませんか?
確かに普通に通うと国公立の2~3倍掛かってしまいますが、奨学金制度を使えば4年間タダで大学に通うことも十分可能です。
この記事では、2019年度で授業料『全額免除』制度がある私立大学をまとめました!

授業料全額免除のある私立大学一覧(2019年度情報)

全国の私立大で、授業料全額免除制度のある大学です。
自治体や国などではなく、大学が独自に設置している制度です。

4年間タダの奨学金一覧

タイプ 大学名 奨学金名 免除内容 人数
入試成績 明治大学 明治大学特別給費 授業料 約350人
入試成績 北里大学 特別待遇奨学生制度 授業料(※1) 33人+α
(※3)
入試成績 国士舘大学 成績優秀奨学生制度 授業料+入学金+教材費等 50人
入試成績 駒澤大学 駒澤大学新人の英知 授業料 64人
入試成績 専修大学 スカラシップ入試 授業料+施設使用料 100人以内
入試成績 玉川大学 給付型奨学金 授業料(※2) 40人以内
予約 東京女子大学 挑戦する知性 授業料+入学金
+教育充実費+寮費
約10人
入試成績 二松學舎大学 二松學舎 入試奨学生 授業料+施設費 30人以内
(※3)
入試成績 武蔵野大学 成績優秀奨学生制度 授業料(※1) 555人
入試成績 中京大学 入試成績優秀者給付 授業料+入学金
+教育充実費+施設費
235人+α
(※3)
入試成績 関西外大 グローバル人材育成
特待生奨学金制度
授業料 50人
入試成績 近畿大学 入試成績優秀者対象
特待生
授業料 1000人
(※3)

(※1)成績によって『授業料半額免除』の場合もあり。
(※2)成績によって『授業料半額免除』または『1/3免除』の場合もあり。
(※3)学部によって採用人数を分けていますので、募集要項をよく確認してください。

原則4年間受け取れますが、学部の成績が悪いと打ち切られるケースもあるので、募集要項をよく確認してください。
4年間タダは絶対に勝ち取りたい奨学金!!!

2年間タダの奨学金一覧

タイプ 大学名 奨学金名 免除内容 人数
入試成績 順天堂大学 医学部学費減免制度
A特待生
授業料+施設費
+教育充実費
(合計448万円)
若干名
順天堂大学医学部は原則2年間ですが、3年次以降も『在学採用型』に応募することができます。

1年間タダの奨学金一覧

タイプ 大学名 奨学金名 免除内容 人数
在学生 上智大学 上智大学修学奨励 授業料(※2) 約400人
入試成績 亜細亜大学 亜細亜大学特待生 授業料+入学金 151人以内
予約 国際基督教大 ICUトーチリレー
High Endeavor
授業料+入学金
+施設費の1/3
50人
入試成績 昭和大学 昭和大学特待制度 授業料 328人(※3)
入試成績
成蹊大学 成蹊大学学修支援 授業料(※1) 216人
在学生 成蹊大学 成蹊大学学修支援 授業料(※1) 72人
入試成績 帝京大学 奨学特待生 授業料 500人(※4)
入試成績 東京慈恵会医科大学 特待生制度 授業料 7人
在学生 日本大学 日本大学特待生 (甲)授業料+図書費
(乙)授業料
450人
在学生 文教大学 文教大学奨学金 授業料 200人以下
入試成績 愛知大学 愛知大学
スカラシップ
授業料+教育充実費 50人以内
入試成績 南山大学 給付奨学金 100万円 8人
入試成績 西南学院大学 西南学院大学給付 授業料(※1) 約70人

(※1)成績によって『授業料半額免除』の場合もあり。
(※2)成績によって『授業料半額免除』または『1/3免除』の場合もあり。
(※3)学部によって採用人数を分けていますので、募集要項で確認してください。
(※3)コースによって募集人数など異なりますので、募集要項で確認してください。

募集人数は状況によって変化する可能性あり。
2年次以降、成績によって継続できる場合もあり。
1年間タダは各大学かなり充実していて、可能性十分にアリ!

授業料全額免除の一般的な条件


奨学金にはいくつか種類があります。
(予約型, 入試成績型, 在学生型 など)

予約型

家庭の経済状況が加味されるケースが多い。
入試前に手続きを済ませる必要アリ。
入試の合格とともに、採用される。
ただし人数制限があるので全員が採用されるとは限らない。

入試成績型

純粋に入試の成績のみで争わるケースがほとんど。
入試成績が基準に達していれば、合格通知とともに知らされる。

在学生型

家庭の経済状況 + 学部の成績というパターンが多い。

経済的理由とは

予約型の授業料全額免除の条件に『経済的事情』が考慮される場合があります。
例えば、文教大学は1年間の授業料全額免除の条件として

『学習意欲を持ちながら、経済的な理由で修学に支障を来している学生』

という条件が盛り込まれています。
親の世帯収入が一定額以下の場合に、はじめて応募できるタイプになります。

成績上位者(入試 or 学部 )とは

成績上位型の奨学金は、免除額も大きいことが多いです。
例えば、明治大学では一番多いのが、入試成績が極めてよかった生徒に対して『4年間の学費全額免除』の制度を設けています。
採用基準としては、入試成績の上位50名上位3%以内といった基準があります。

入試成績で4年間の学費が全額免除される制度は、是非とも勝ち取りたいですね!

他にも色々ある奨学金制度!

この記事では授業料『全額』免除に絞ってまとめましたが、奨学金制度の中には『半額だけど4年間(様々な大学)』や『長期海外研修で150万円(中央大)』などあるので、詳細は大学の募集要項を確認してください。
または「日経トレンディ大学ランキング100」に詳細なまとめが載っています。

わかりやすい参考資料!